ちょっとしたお小遣いになるかも?

一昔前に流通されていたお金は買取りで高く売れる事も

現在の貨幣は1円玉を初め、5円玉、10円玉などがありますが、5円玉は中央に丸い穴が開いていて、効果の表面には稲穂と水が刻まれています。
裏面には双葉が刻み込まれており、穴が開いている理由は視覚障碍者が認識をし易くするためだと言います。
この5円玉と言うのは1954年から発行されたものが現在でも流通されているのですが、1949年から1953年に発行された5円玉も存在しています。
こちらの5円玉は現行品と同じデザインになるのですが、文字の書体に違いがあるのが特徴で、2つを並べてみるとその違いは明確になります。
また、1949年以前の5円玉は中央に穴が開いていないタイプで、現行品以外の5円玉も古銭に含まれており、古銭買取りのお店で売る事が出来ます。


100円札や500円札も古銭に含まれますよ

古銭と言うと江戸時代や明治時代のお金と言ったイメージがあるかと思われますが、古銭を買取りするお店では現行として流通されている貨幣全般を古銭と呼び、100円札や500円札なども買取りの対象になっています。
100円札や500円札と言うのは、現在流通されていない貨幣ではありますが、使う事が出来ないお金ではありません。
しかし、自動販売機では使う事が出来ない、お店で支払う時なども使う事が難しいケースが多くあります。
銀行に持って行く事で現行の100円硬貨や500円硬貨などに両替して貰う事が出来ますが、古銭買取りのお店では額面以上の金額で買取りして貰えるものもあります。
額面以上になるものと言うのは発行枚数などが少なく希少価値が高いものとなりますが、こうしたお金を持っている場合は古銭買取りのお店で売却するのがお勧めです。